にぼしめし

備忘録

移ろい咲き誇る少女たち:『FLOWERS 四季』感想

PS4『FLOWERS 四季』をクリア、プラチナトロフィーを獲得しました。
以下、ネタバレを含む感想です。

 

FLOWERS 四季 - PS4

FLOWERS 四季 - PS4

 

 

続きを読む

最近観た映画(2018年12月〜2019年1月)

◯須藤友徳監督『Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower』(2017)

 2018/12/23にDVDをレンタルして鑑賞。

ゲーム『Fate/stay night』の複数あるルートのうち「桜ルート」と呼ばれる「Heaven's Feel」をアニメ映画にした作品。『Fate』の基本設定等は省いて物語を見せることに徹していた印象なので、完全に『Fate』を初見であるという人には厳しい作りかもしれない。後半の怒涛の展開からするとやや駆け足気味にも感じるけれども、その分前半でしっかりと士郎と桜の日常を描いていたのが良かった。HFルートの魅力は愛すべき日常の崩壊、そしてひとりの男の正義とひとりの女の幸福にあると思っているので、桜がどんな女の子であるか、聖杯戦争に巻き込まれる前はどんなに穏やかな日々が続いていたかを観せてもらえてよかった。それにしても蟲が気持ち悪かった。映画館で観たら多分泣いてたと思う。(第2章は劇場で観る予定だけど……)

 

中島哲也監督『来る』(2018)

来る

来る

 

 

2019/1/13に劇場にて鑑賞。

ホラーは基本的に苦手なものの、中島哲也監督の作品であることに加えてツイッターで「心霊版シン・ゴジラ」という謎の煽り文句を目にしたので観に行ったが正解だった。タイトル通り「来る」時には「来る」と知らせてくれるので心の準備が出来る点がありがたかった。怪異の怖さと人間の怖さと虫の気持ち悪さが上手く拮抗してて面白かった。終盤の祓うシーンはなんかもうめちゃくちゃスケールが大きくて笑ってしまった。松たか子さんが死ぬほど格好良い。オチは少しモヤモヤするものの、最後まで緊張感を持って見ることができた。

 

◯須藤友徳監督『Fate/stay night [Heaven's Feel] Ⅱ.lost butterfly』

 

2019/1/13に劇場にて鑑賞。

第2章ということもあり、物語は佳境に突入する。アニメーションとしての見所はやはりバーサーカーvsセイバーオルタ戦である。緊迫感のあるアクションシーンの流麗さはさすがufotableといった出来だった。物語としての見所は桜と士郎が日常が崩壊する中で心を通わせていく、その積み重ねだろう。第1章も含めて桜と士郎の歴史をしっかり描いてきたからこそ士郎の「帰ろう」、桜の「取らないで」、士郎の裏切り、が重みを持つ。原作をプレイした時に特に好きなシーンだった桜vsギルガメッシュ、桜と慎二の終盤のシーンがアニメでもとても良い仕上がりで嬉しかった。最後のカットからの『I beg you』が素晴らしくてこれを聴くためだけに劇場に足を運ぶ価値があったと感じた。

 

 

 

 

最近観た映画(2018/10/28〜12/23)

映画館が好きなのに、出不精のせいか映画をあまり観ていません。しかし、私が美しいと思う文章を書く人はみな映画を愛していることに気付いたので少しずつ観ていきたいと思います。だいたい週に一本くらいのペースが良いのではないかと思うものの、なかなか上手く行きませんね。

続きを読む

国道41号線の感傷:映画『ここは退屈迎えに来て』感想

映画『ここは退屈迎えに来て』を劇場で見た。橋本愛ちゃんの美しさに惹かれて、原作は読まずに臨んだ。

続きを読む