読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にぼしめし

備忘録

私が私を革命する物語:『少女革命ウテナ』感想

少女革命ウテナ』を観終わった。
寓意とメタファーに満ちた美しい物語はひどく難解だったが、その中に込められたメッセージのようなものはなんとなく掴み取れたように思う。感じたことと考えたことを自分なりに書き留めておきたい。

 

少女革命ウテナ』は、自我を確立する物語であるように思う。

生徒会編(~13話)を観終わった時点で以下のような感想を抱いた。


「物語全体が思春期の少年少女の自我の確立のメタファーなのではないかと思えてくる。ジェンダーの男性性と生物学上の女性性でウテナ自身がアンビバレンス的状態に陥っている、その矛盾に思春期独特の揺らぎを感じる。決闘も成長のプロセスとしての心理的葛藤のメタファーに思えてくる。『世界を革命する力を!』の世界は自己の内部世界だろうし、卵の殻とはそのまま自分の精神的な殻を指しているのではないか。決闘が徹底的に『ウテナvs誰か』の構図を守っていることも考慮しつつ。」

 

最終回まで観た現在でも、この感想から考えは変わっていない。
未熟で不完全で揺らぎのある少女が、自分で自分の殻を破って成長し、大人になった物語であると考える。

▽ざっくりと考察したこと

天上ウテナと姫宮アンシーの関係を考える。あくまで個人的解釈だが、ウテナは「強さ」・アンシーは「弱さ」のメタファーであるように感じる。

天上ウテナは物語の中で徹底的に強い存在として描かれている。決闘で敗北したこともあるがほとんどの場合において勝利しているし、守られるより守る側の人間として存在している。
一方、姫宮アンシーは「薔薇の花嫁」として従属的であり、守られ、また虐げられるものとして存在している。

ウテナとアンシーは切っても切り離せない関係性にある。ウテナ・アンシー同一人物説という有名な考察があるが、同一人物とまでは言わずとも、メタ的に見れば対になる存在であるのは間違いないだろう。鳳暁生編以降に2人が使っているベッドの形は、太極図を連想させる。ウテナとアンシーは表裏一体の存在であることの根拠を見出すには十分だろう。

ウテナの不自然なほどの「強さ」は決闘を通して捉えることが出来る。
ウテナに敗北した決闘者たちは皆どこかに弱さを抱えている。そしてそれは執着に起因している。想いを捨てられず、それ故に不安定さを孕んでいる。
彼ら/彼女らと比べて、ウテナには具体的な他者への執着は存在しない。それはある種の欠落のようでさえある。つまり、強いウテナは強いからこそ不自然さ/不完全さを感じさせるのだ。

結局のところ、『少女革命ウテナ』に込められたメッセージとは、「強さと弱さを併せ持つことこそ真の強さに繋がるのであり、その弱さを認めて受け入れることには痛みを伴うが、劇的な変化=革命をもたらす」というようなものではないか。

最終回で、ウテナは無数の剣に貫かれるアンシーを見て見ぬふりをして切り捨てるのではなく、救い出してその手を取った。
アンシーを自我の「弱い部分」と読み解くのならば、無数の剣とは自我に対する社会からの攻撃だろう。それは心無い言葉かもしれないし、他者の無遠慮な視線かもしれないし、社会の厳しさと言うような辛い経験かもしれない。アンシーが刺し貫かれる=自分の心が傷つく、と解釈する。そこで「強さ」であるウテナは、自分の傷を見ないふりをして仕舞い込むこともできる。しかし痛みを厭わずに弱さと向き合い、受け入れることを選んだ。そうして「革命」は為されたのだ。


エピローグで、ウテナは学園を去り、アンシーもまた学園を去る。このときアンシーは髪型と服装を変え、「ウテナ様」という従属的な呼び方ではなく「ウテナ」と呼び掛けている。「弱さ」のメタファーであったアンシーが成長し、新たな存在として昇華した瞬間である。革命を成した2人は、未熟さや幼さの象徴としての狭い世界である学園にはもう相応しくないのだ。

「いつか一緒に輝いて」。本当の輝きとは、美しさとは、強さと弱さは表裏一体で切り離すことが出来ないものであることを認めていることなのだろう。

 

▽好きなシーンのこと

私が『少女革命ウテナ』で好きなシーン・エピソードを2つ挙げたい。

1つは、第37話「世界を革命する者」におけるウテナとアンシーの会話である。
紅茶を飲む2人は、バッハの「主よ人の望みの喜びよ」を背景にしながら以下のような言葉を交わす。
「カンタレラってご存知ですか?昔イタリアのボルジア家が使っていた猛毒の名前です。いかがですか?そのクッキー。それ、私が焼いたんです。」
「偶然だね。その紅茶も毒入りなんだ。」

この会話の背景には、2人が同じ男に抱かれていて互いにそれを知られないようにしていたが知ってしまった、という事情がある。
勿論紅茶にもクッキーにも毒は入っていない。互いに裏切りを認めたことのメタファーなのだが、筆舌に尽くしがたい美しさがある。2人がこの会話を踏まえてもなお紅茶とクッキーを口にし続けていることが本当に素晴らしい。

 

2つ目は、第23話「デュエリストの条件」における御影草時との決闘シーンである。
そもそも御影自体が非常に魅力的なキャラクターで、過去に囚われ執着している美しい男なのだが、この決闘の中で彼にまつわる物語の叙述トリックが明らかになる。その瞬間、彼の決闘曲である「ワタシ空想生命体」の歌詞の意味合いが急に存在感を持って迫ってくる。決闘の後に根室記念館を訪れるシーンを見た時は呆然となり言葉を喪った。

 

少女革命ウテナ』の魅力は、考察してもし尽せない/語れど語れど語り尽くせないように感じる部分にあるだろう。運命について、『輪るピングドラム』との関連性など語りたいことはまだまだあるが思考がまとまらないので、とりあえずここまで。
ちなみにキャラクターとしては御影草時と有栖川樹璃先輩が大好きである。